フィンランド文学情報サイト / KIRJOJEN PUUTARHA

KIRJOJEN PUUTARHA
フィンランド文学情報サイト

 

 tunnus おすすめ作品

Hulda ja Jalmari    原書名:  Hulda ja Jalmari
 (フルダちゃんとヤルマリパパ)
 作者名:  Markus Majaluoma, 1961~
 マルクス・マヤルオマ
 出版社 / 年:  WSOY / 2006
 ページ数:  24
 ISBN:  9510317403
 分類:  絵本
 備考:  Isä, lähdetään sieneen!
 Isä, lähdetään saareen!

【要約】

パパのヤルマリと娘のフルダは、公園へ出かけることになりました。ヤルマリパパは懸命にあやすけれど、フルダちゃんはごきげんななめ。鳥を見ても、犬を見ても、馬を見ても、ブタのお面を買ってあげても、なんだか気に入らない様子です。

ヤルマリパパの育児参加は、はたして上手くゆくのでしょうか。絵本全体に溢れるユーモアとおかしみが、読み手の心を温かくしてくれます。

「親子がおなじ静かな時間をもつこと」を大切に思うマヤルオマの同書は、読み聞かせにも良い本です。  北欧絵本コンテスト出品作。

文 末延弘子 マルクス・マヤルオマ著『フルダとヤルマリ』(2006)より


おすすめ作品の目次へ ▲このページのトップへもどる